CSS
Writing
Modeの
仕様解説

Writing Modes

CSS2では、directionunicode-bidiプロパティが定義され、横書きの複雑なレイアウトを行うアラビア語などの双方向言語(BIDI)が扱えるようになっていました。CSS3では、テキストの進行方向に関する仕様は「Writing Modesモジュール」にまとめられ、BIDIに加えて縦書きへの対応などが追加されています。

Writing Modesモジュールでは、行の進行方向、文字の進行方向、文字の向き、などの書字方向全般の仕様が定義されています。なお、Writing Modesの仕様は頻繁に改訂されています。

この記事は、執筆時の最新のEditor’s Draft(2017年7月18日改訂)を解説したものです。
参照URL: https://drafts.csswg.org/css-writing-modes-3/

Writing Modesモジュールで扱っている書字方向の概略図

基本操作

CSS3での日本語の縦書き対応について注目すべき点は、既存の横書きのHTML文書に、CSS指定を1つ加えるだけで縦書きレイアウトとなるように仕様が考えられていることです。

具体的には、bodyに対してwriting-mode: vertical-rlを指定するだけで、右上起点の縦書きレイアウトとなります。

body {
writing-mode: vertical-rl;
}

※ Internet Exploter 向けには-ms-writing-mode: tb-rlを使用します。歴史的に、IEは早期にこの値で縦書きに対応していたため、値が異なるものになっています。

同一のHTMLから得られる2つの描画結果
上の2つの図は、基本的に同一のHTMLから作成されたものですが、bodyにwriting-mode: vertical-rlの指定があるかどうかという点が異なっています。 下記の点に注目してください。

  • ブロックの進行方向
  • テーブルの行と列
  • 行の進行方向
  • 文字の向き

ブロックの進行方向

横書きでは、<h1>、<table>、<li>などのブロックは、上から下に積まれるように進みます。 writing-mode: vertical-rlを指定すると、右から左に積まれるようになり、縦書きレイアウトとして自然なブロック進行となります。 また、表中の「にする」のように自然改行が発生している場合に行が積まれる方向も、これに従います。

テーブルの行と列

writing-modeを指定すると、HTMLのほとんどの要素が回転します。 テーブルは、行と列の配置が入れ替わります。また、「高さ」と「幅」の概念も見た目通りになり、テーブルの「列」の大きさを変更したい場合、横書きでは「幅(width)」でしたが、縦書きでは「高さ(height)」になります。

テーブルの他にも、縦横で位置関係が変換される要素があり、例えば、ルビの位置も縦書きでは文字の横に付くようになります インデントも、横書きでは右に食い込ませるように働いていたものが、縦書きでは下に食い込ませるように働きます。 例として、「↑Chrome 62で…」の箇所には4字のインデントを指定してあります。横書きでは右に、縦書きでは下に食い込んでいます。
一方、画像などの埋め込み要素のように、回転の対象外となるものもあります。 写真などがwriting-modeの変更によって天地の向きを変えると困るため、画像は回転しない仕様となっています。

行の進行方向

横書きでは、左から右に進行します。 縦書きでは、上から下に進行します。 行の進行方向は、アラビア語などのBIDI要素に関連する場合に必要な要素で、日本語の縦書きを扱う場合にはあまり意識することはありません。 日本語の旧式の横書きのように、右から左へ進む横書きを実現するには、direction: rtlを指定し、さらにunicode-bidi: bidi-overrideを指定します。

.ja_rtl {
direction: rtl;
unicode-bidi: bidi-override;
}

<p class="ja_rtl">東京駅ニテ列車ヲ待ツ</p>

文字の向き

文字の向きは、text-orientationプロパティで指定します。 デフォルトはmixedで、英字は横倒し、日本語は正立、記号類はそれぞれ適切な向き、というように自動で配置されます。 向きを指定したい場合は、uprightまたはsidewaysの指定が可能です。 uprightを指定すると、英字や数字が、日本語のように正立させて積まれます。 sidewaysを指定すると、mixedで自動で正立になるような記号を、欧文と一緒に横倒しにして表示します。

.mixed {text-orientation: mixed;}

<span class="mixed">12月:師走(=December)</span>

.upright {text-orientation: upright;}

<span class="upright">UPRIGHT©2017</span>

.sideways {text-orientation: sideways;}

<span class="sideways">sideways © 2017</span>

mixedのときに各文字が置かれる方向は、Unicodeの付属文書「UAX#50」(http://unicode.org/reports/tr50/)を参考に決められています。 UAX#50でRの記号が振られている文字は横倒しとし、U・Tr・Tuの記号が振られている文字は原則的に正立(縦書きグリフがあれば使用する)という2分類になっています。

  • 英数字や矢印(←→)はR。90度回転して横倒しにする
  • 漢字や仮名、米印(※)や郵便番号(〒)などの記号はU。正立する。
  • 括弧、長音記号(ー)、波ダッシュ(~)などはTr。フォントに縦書きグリフがあれば使い、無ければ90度回転して横倒しにする。
  • 小書の仮名(ゃゅょっ)や句読点(、。)などはTu。フォントに縦書きグリフや縦書きメトリクスがあれば使い、無ければ正立する。

縦中横

マークアップした数字、記号、漢字などを縦書き中で横組みにします。 1文字分の四角形として扱われ、幅は1文字分に圧縮されます。 傍線などはその四角形に対して付けられ、中の複数の字のそれぞれに傍線が付くことはありません。

.tcy {text-combine-upright: all;}

<span class="tcy">12</span>月

縦中横の指定は、横書きのレイアウト時には無視されます。 上の図を見ると、横書きの図では数字部分が違和感ないレイアウトとなっています。

現在仕様策定中のCSS Writing Modes Level 4では、縦中横を文章に対して一括指定できる仕様があります。 広い範囲にtext-combine-upright: digit 2のような指定をしておくと、登場する数字を縦中横に組みます。 2桁~4桁の数字を指定することができます。 実装は現状ではMicrosoftのInternet Explorer 11およびEdgeで、以下のように使用します。

.tcy2 {
 -ms-text-combine-horizontal: : digits 2; /* IEは、このベンダープレフィックスで実装されています */
 -ms-text-combine-horizontal: : digits 2; /* Edgeのみ実装されています。 */
 }

<span class="tcy2">「8月、10月、12月」</span>

用語の再定義

leftrightheightwidthは、物理方向を指します。 writing-modeを切り替えても、縦横が入れ替わらず、常に画面に向かってのサイズを示します。 writing-modeの変更に応じて指す方向を変えたい場合には、下記のような論理方向を指すプロパティを使用します。

inline-sizeまたはlogical-width
文字列の長さの方向を指す。つまり縦書きでは縦方向。

block-sizeまたはlogical-height
行の幅の方向を指す。つまり縦書きでは横方向。

なお、line-heightのように、heightが含まれているものの、縦書きのときは行の横方向の幅を指すように縦横変換されるプロパティもあります。
適切に論理方向を指すプロパティでサイズ指定してあるHTML文書は、レイアウトを損うことなく、writing-modeの指定の変更だけで縦書き・横書きどちらでも対応します。